2.Brains Crack/脳科学の言葉

Top > 2.Brains Crack > 脳科学の言葉

ことのは

(訓読み)なずき
脳を表現する言葉たち
 
  • Radial Basis Function:動径基底関数,放射状基底関数
  • 確度(accuracy),精度(precision),偏り,誤差,
    標本に偏りが無く,標本平均が母平均(真の平均)に近ければ,確度が高いと言える.ただし,誤差が大きい場合,つまり精度が低い場合がある.一方で,母平均から偏りがあるが,分散が小さい,つまり誤差が小さければ,精度が高いと言える.
  • 単調増加,線型に増加
  • participant,subject:被験者
  • 解剖学的,細胞構築学的,生理学的
  • 交互に:interleaved
  • English below Japanese, English bellow Japanese.
  • perspective:大局観,展望
  • 標本化:sampling⇔量子化:quantization
  • physiology:生理学
  • preferentially:(生化学)選択的に
  • CFP(CFPs):CALL FOR PAPERS,学会誌などにおける論文募集の呼び掛け
  • 設計論:脳科学などでわかり始めてきた知能や運動(歩行とか)を具体的にどのように機械で実現すればいいのかを考える.
  • (実験に)参加する:participate
  • 内在する:underlying
  • 提示視標:the presented time series
  • 矯正視力 corrected eyesight, corrected vision
  • 生成モデル,同定モデル
  • 情報圧縮
  • 均等拡散面:Lambertian surface
  • 円環論法,類語反復,同語反復:tautology
  • 復帰抑制:Inhibition of Return
  • 刺激間時間:inter stimulus interval, ISI:第1刺激終了から第2刺激開始までの時間間隔.
  • 刺激開始間時間:Stimulus onset asynchrony, SOA:第1刺激から開始から第2刺激開始までの時間間隔
  • 相同性:homology
  • 相似性(生物学):analogy,cf.similar
  • 霊長類研究:non-human primates,nhp
  • 正準相関分析
    http://gucchi24.hp.infoseek.co.jp/SEIJUN.htm
    http://case.f7.ems.okayama-u.ac.jp/statedu/hbw2-book/node81.html
  • 交差検証法:cross-validation method
    データの内,(S-1)/Sの割合だけ訓練データに使い,その他をテストデータとして使う.訓練データ(テストデータ)に割当たるデータを変えてS回行い,性能評価を行う.Sを全データ数Nにしたとき,1個抜き法(Leave one out method)と呼ぶ.全データから1つだけを抜かして訓練し,1つをテストし,それをN回繰り返して性能評価を行う.出来るだけ多くのデータを訓練に使えるので,特に少数データの時にメリットとなる.訓練をS回行わなければならないので,計算量が多い時に困難となる.
    操作的定義 operational_definition
    内包的定義(connotative_definition)
    外延的定義(denotative_definition)
    computationally:計算論

  • relevance,optimal
  • Heuristic:(試行錯誤的な結果による)発見的な,
  • More is different.:量が質を変える.
  • N増し(えぬまし)
  • 相反条件最適化:trade-off
  • exactly:正確に



  • 単純反応細胞:Simple cell
    特定の傾きを持つ線状の刺激に選択的に反応する(方向選択性をもつ)
  • 複雑反応細胞:Complex cell
    単純細胞より大きな受容野を持ち,線状刺激の幅や傾きなどに選択性を持つ.
  • self-paced saccades
  • anti-saccades
  • pro-saccades
  • memory-guided saccades
  • reflexive saccades
  • sequentioal saccades
  • Sylvian Fissure:シルビウス溝
  • 視覚経路の背側経路,腹側経路はWhere,Whatである仮説(Ungerleider&Mishkin1982).
    behavior control,conscious perceptionである仮説(Goodale1993,Milner&Goodale1993)Logothetis&Sheinberg1996,Konen & Kastner(Nat Neurosci)
  • Fano Factor:
    ある時間幅におけるスパイク数をNとし,その分散を平均で割った
     F=Var[N]/E[N]
    ランダムスパイク列の典型であるポアソン過程・ 変動ポアソン過程では F=1 をとり、一定スパイクパターンならば F=0 となる。スパイク系列自体や試行に対する変動性の指標。
  • Variable Interval Reinforcement:何回に1回良いことがあり、かつ、それが予測できない状態だとそれを何度もやる
  • アンダーマイニングエフェクト:報酬を与えるとパフォーマンスが下がる
  • ハプティック・インターフェイス
    ハプティクスとは広義での触覚
  • non human primate:nhp
  • repetition suppression / adaptation
    http://www.mumumu.org/~viking/blog-wp/?p=2065
    「ある特定の情報処理を行うneuronの活動は、同じ処理を重ねれば重ねるほど順応を起こして低下していく=刺激の連続提示に対して活動の低下を引き起こす部位に選択性がある」
    なのですが、実はここにはひとつ罠があるんですね。それは、「なぜ順応するのか?」ということ。というのは、Kanwisher一派は末梢系の sensory neuronのindividual/group levelでの疲労や処理の効率化(=neuronの省エネ)が重要だと主張しているんですが、一方で例えばFristonはもっと上位からのtop-down expectation(「予想通りだ!」vs.「あれ違うの?」)の影響が重要だということを言っていて、対立しているのです。」
  • labeled-line hypothesis:(有限個の)基本要素構成説
    ex.視覚ならば特定の周波数特性をもついくつかの細胞で,全体の周波数を表現しているという説.
  • Predictive Coding Hypothesis
    • 皮質領域間の相互結合(reciprocal connection) の役割は何か。
    • 皮質領域内の再帰的興奮性結合の役割は何か。
    これらの疑問に答える仮説の一つがPredictive Coding 仮説です。
    この仮説は
    • Feedback 結合は下位レベルの神経活動の予測値を伝達する。Feedforward
    結合は予測値と実際の活動の誤差を伝達する。
    • 皮質領域内の再帰的興奮性結合は下位レベルの活動の予測値を生成する。と
    いうものです。
  • Collision Test: 細胞間の結合を調べる方法
  • tuning
    視覚刺激が受容野に提示されると,視覚野の神経細胞は活動電位を発生させる.受容野は,活動電位を生じさせる視野範囲を指す.ただし,ある神経細胞は、その神経細胞の受容野の特定の刺激サブセットに反応する.この特性をチューニングと呼ぶ.
  • modulation :調節
  • striate cotex
    視覚野は、V1と略される一次視覚野 (線条皮質(striate cotex)) およびV2、V3、V4、V5と略される有線外皮質(extrastriate cortex)を示す.一次視覚野はブロードマン脳地図における17野と解剖学的に同じ."線条皮質 (striate cortex)"の名称はジェンナリ線 (stria of Gennari) と呼ばれる,外側膝状体から灰白質のIV層へと伸びる髄鞘化された軸索が肉眼でも識別可能な大きな縞模様として見えることに由来する.
  • Global radial bias
  • Scrach pad仮説
  • Connectivity
    • Connection は2つの要素が直接に結合していることを意味する.ただし,結合を証明する事は簡単ではない.A-Bの結合を示したつもりでもA-C-Bであり,直接にはAとBは結合していない可能性が多いからである.一方でConnectivityは,A-C-Bでも,「AとBにはConnectivityがある」と言う人もいる(ただし,これにさえ難色を示す人もいる).
    • functional connectivity: (fMRI業界で)方向なしの結合, A-B.
    • effective connectivity: (fMRI業界で)方向ありの結合, A→B or A←B.




  • 顔に反応する細胞:cell responsive to face
  • 紡錘状の:fusiform
  • 紡錘状顔領野:Fusiform Face Area:FFA
  • 上側頭溝:Superior Temporal Sulcus:STS
  • 下側頭回:Inferior Temporal Gyrus:ITG
  • limbic system:大脳辺縁系
  • Medial:中間の
  • Middle:中間の
  • Temporal:側頭の
  • Parietal:頭頂の
  • ventral:腹側の
  • dorsal:背側の
  • lateral:外側の
  • Intra-:内部の
  • DP:Dorsal Prelunate area:
  • FST:Floor of Superior Temporal area
  • LIPd,v:Lateral IntraParietal dorsal, ventral
  • MIP:Medial IntraParietal
  • MST:Medial Superior Temporal area
  • MSTd,l:dorsal, lateral subdivision of Medial Superior Temporal area
  • MT:Middle Temporal area
  • PIP:Posterior IntraParietal area
  • PO:Parietal-Occipital area
  • FFA:Fisiform Face area:紡錘状顔領域
  • SMA(SMA pre-SMA SEFで構成される)
  • TPO:Temporal Parietal Occipital area
  • VIP:Ventral IntraParietal
  • V1,2,3,4,6:Visual area 1,2,3,4,6
  • 7a:Visual area 7a
  • 46:Visual area 46

Van Essen DC (2003) Organization of visual areas in macaque and human cerebral
cortex. The Visual Neurosciences, eds Chalupa L, Werner JS (MIT Press, Cambridge, MA),
pp 507–521.より
Cortical Areas:
DP dorsal prelunate area
FST floor of superior temporal area
IPa area IPa from Cusick et al., (1995)
LIPd lateral intraparietal (dorsal)
LIPv lateral intraparietal (ventral)
MDP medial dorsal parietal area
MIP medial intraparietal area
MST medial superior temporal area
MT middle temporal area
PIP posterior intraparietal area
PO parietal-occipital area
TAa area TAa from Cusick et al., (1995)
TEad antero-dorsal division of TE
TEav antero-ventral division of TE
TF temporal area F
TH temporal area H
Tpt temporo-parietal area
TPOc temporal parietal occipital (caudal)
TPOi temporal parietal occipital (intermediate)
TPOr temporal parietal occipital (rostral)
VIP ventral intraparietal
VIP* heavily myelinated subdivision of VIP
V1 visual area 1
V2 visual area 2
V3 visual area 3
V3A visual area V3A
V4 visual area 4
V4t V4 transitional area
VOT ventral occipitotemporal area
VP ventral posterior area
7a visual area 7a
46 visual area 46
Cortical Zones
LOP lateral occipital parietal
MST medial superior temporal area
MSTd dorsal subdivision of MST
MSTl lateral subdivision of MST
MSTda dorso-anterior subdivision of MST
MSTdp dorso-posterior subdivision of MST
MSTm medial subdivision of MST
VIPl lateral subdivision of VIP
VIPm medial subdivision of VIP
V4ta V4 transitional area (anterior)
V4tp V4 transitional area (posterior)
7al lateral area 7a
DMOcx Dorso-medial occipital complex
IPd
ITcx Inferotemporal complex
MSTcx Medial Superior temporal complex
MTc caudal to Middle Temporal
OAa
PGa
POa-e external division of area
POa
POa-i internal division of area POa
PPcx Posterior parietal complex
TE1 subdivision 1 of TE
TE1-3d dorsal subdivision of TE1-3
TE1-3v ventral subdivision of TE1-3
TE2 subdivision 2 of TE
TE3 subdivision 3 of TE
TEa/m subdivisions a and m of TE
TEm medial division of TE
TPO temporo-pareital-occipital area
V2d dorsal division of V2
V2v ventral division of V2
V3d dorsal division of V3
V3v ventral diivision of V3
V6 visual area 6
V6A Visual area 6A
VSTcx Ventral superior temporal complex

最終更新日: 2014-11-21 (金) 16:14:10 (1705d)

このページをブックマーク:

 

TOP