2.Brains Crack/Presentation

Top > 2.Brains Crack > Presentation

Presentation for fMRI

作業中...

Presentationとは

Neurobehavioral Systems, Inc.のfMRIの刺激提示編集用ソフトウェアもしくはプログラム言語.株式会社フィジオテックが日本の代理店.刺激提示と撮像との同期をとるのが,比較的簡単にできる.記述言語はSDL:Scenario Description Language とPCL:Presentation Control Language. 公式サイト.Neurobehaviral system

PresentationのHelpもしくは解説

日本語の文章はほとんどない様子.やはり,公式サイトのHelpが一番役立つ.ただ,最初の概要理解のためには下記の日本語サイトも有用です.

  • PCL Reference - Built-in Functions
    組み込まれている関数の一覧.コード読解で関数名はわかっているけど何をしているか分からない場合など,このページで,単語検索(Ctrl + F)をしたら良いんじゃないかしらん.逆に,適当な単語で検索したら,関数を見つけられるかも.

Function

date_time:

  • 時刻を出力する関数.

set_mri_pulse( int new_mri_pulse )

main_pulse_count( ) : int

button() : int

event_code() : string

reaction_time() : int

last_response() : int

time() : int

type() : int

stimulus_dataの関数

stimulus_hit

stimulus_incorrect

stimulus_miss

stimulus_false_alarm

stimulus_other

unc_dms() : int

response_dataの関数.

button() : int

type() : int

code() : int

unc_dms() : int

set_mri_pulse( int new_mri_pulse )

mess.set_caption(string(t));

  mess.redraw();

はセットで用いる.

set_part( int index, picture_part part )

remove_part( int index )

part_count( ) : int

insert_part( int index, picture_part part, int x, int y )

Template Code

イベントの書き方は2種類.

stimulus_event {

  stimulus declaration
  parameter definitions

} name;

# or

stimulus declaration
parameter definitions

Pclファイル内でトライアル刺激を提示するには、以下のようにする.

[定義されたトライアル名].present();

picture{}default;

何も表示しない時に,何を表示するかを定義しておかないといけない.
何も表示しないのならば,最低でもこいつを書いておく.
これを書かないと,No default picture stimulus
と怒られる.
例えば,固視点なんかをここに記述しておけば,
それが標準の提示画像になる.

trialのひな形.

trial{
trial_type = **;
trial_duration = **;
};
この2つは必ず書く.
trial_duration = **;を忘れると一瞬しか表示されない.

ループのひな形

int count = 0; 
loop until

  in.end_of_file()

begin

  count = count + 1; #ここでこれを書く.
  int_data2[count] = in.get_int();

end;

loop

int n_crack = 1;
until
n_crack >= max_crack #←ここに「;」をつけちゃだめ
begin;
end;

s = s + 1;を忘れると無限ループなので注意.
MatlabだとFor n = 1:100;という風にかけるけど...

loop int s = 1;
until s > 2
begin
s = s + 1;
end

.expを実行した時のみ,logfileができる.

他のクラス!?でつけた変数名は他で使えない.

例えば,picture{}test;とつけたら,trial{}test;
はダメ

次の様にプログラムを書いたとする.

array{

  bitmap{ filename = "triangle_sm.bmp"; }triangle_sm;
  bitmap{ filename = "triangle_ml.bmp"; }triangle_ml;
  bitmap{ filename = "triangle_md.bmp"; }triangle_md;
  bitmap{ filename = "triangle_bm.bmp"; }triangle_bm;

}bmp;

picture{

  bitmap triangle_ml; x=-150; y=-150;
  bitmap square_bd; x=0; y=150;
  bitmap pentagon_sm; x=150; y=-150;
  box target_low; x=0; y=0;
  box target_column; x=0; y=0;
  box total_gauge_box; left_x=-180; y=280;
  box rest_gauge_box; left_x=-180; y=280;
  box now_state_box; x=-30; y=-50;
  box all_state_box; x=0; y=-50;

}main_pic;

例えば,下記のmain_picは9つのpicture_partを持つ.
main_pic.set_part(1, bmp[1])とやれば,一番上のpicture_partであるtriangle_mlがbmpの一番上のtriangle_smに変わる.
trial{picture main_pic};


Tag: fMRI experiment

最終更新日: 2014-12-16 (火) 18:05:33 (1643d)

このページをブックマーク:

 

TOP